障害年金・相談/手続き

新着情報

審査請求・再審査請求

------------------------------------------------------------
障害年金の請求をしたのですが,不支給の決定通知が来てしまいました。
------------------------------------------------------------
社会保険労務士の平山です。
障害年金の請求手続きのご相談・ご依頼がある一方で,
既にご本人様・ご家族の方が請求手続きを行なった結果,
不支給決定となり,ご相談をいただくことがあります。

不支給決定の理由は様々あり,
 ◯障害状態が障害等級基準に満たしていない
 ◯請求する初診日と認定された初診日が異なり保険料納付要件を満たしていない
 ◯障害状態が診断書等で確認がとれない
などがあります。

不支給決定通知が届いてしまい,決定内容に不服があるのであれば
処分があったことを知った日から3ヶ月以内に社会保険審査官宛に,審査請求をすることができ,
審査請求を経て,棄却又は却下の採決となってしまった場合でも,
60日以内に,社会保険審査会宛に再審査請求をすることができます。

「不服申立てしてもどうせ無理でしょ」と思われる方もいるかもしれませんが,
不支給となった理由を検証し,どのような処分(支給決定や等級変更等)を求めるのか,
そしてその根拠となる証拠書類・申立てをすることで,原処分が取り消しとなり,
支給決定となることがあります。

不支給決定を受け,悩んでいる方は,
障害年金請求に精通する社会保険労務士へ一度ご相談ください。

障害年金について

ケガや病気により、長期間にわたり日常生活に不自由を感じる程度の障害を有している場合、
障害年金を受給できる可能性があります。

『障害』という言葉で、多くの方が、自分には関係ないと考えがちですが、 必ずしも介護を要したり、入院やリハビリ、車椅子使用ということでなくても支給されることがあります。

障害年金について、
「制度をよく知らない」「何を聞けばいいのかすら分からない」「もう諦めようかな・・・」
とお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。
何も知らないことを聞くのは気が引けると考えるかもしれませんが、「分かりやすく」「丁寧」「親身」にお応えするように努めています。
まずは気軽にお問合わせください。

障害年金の申請手続きについて

障害年金の申請手続きは、年金制度の中でも1番複雑なものとなっています。もちろん個人でも行うことができますが、手続きに際して次のことを行わなければばなりません。

■所轄年金事務所への相談(1回につき、待ち時間も含めおよそ1時間以上)が複数回
■公的書類の取得(戸籍・住民票等、診断書、受診状況等証明書など)
■申立書の作成(病歴・就労状況等申立書) など

ただし、以上は受給資格を満たしていることが前提です。
年金申請をする際には、先の『初診日』の確認と、その日における『年金保険料の納付状況等』を確認しなければなりません。

また、医師の診断書や申立書の書き方にも注意が必要です。受給のポイントとなる項目をきちんとおさえて、事実を記入しなければなりません。

年金の審査は書類審査になるので、審査に際して本人の状況を直接見て判断するということはありません。診断書や申立書の記載で判断しますので、書類の書き方がとても重要になります。

詳しくは特設サイトでご案内しております。

年金受給事例

傷病名:統合失調症
認定結果:障害基礎年金2級

【40代男性】

会社員期間中の仕事の内容や人間関係の悪化などから、ストレスを抱えており仕事中心の生活を送るものの、耐えられずに退職されました。
当時は病気らしいものはなく、退職後も精力的に就職活動など活動されていましたが、突然に無気力状態となり、自宅にこもることが続きました。
ある日、夜中に出ていき、不可解な発言をするようになり、家族の方が病院に連れて行ったところ、緊急入院をし、以後長期療養を開始されました。

ご家族の方からの依頼を受け、初診日当初から症状が重く、認定日請求での提案をし、請求手続きを行いました。
認定日請求から障害基礎年金2級が認定され、過去にさかのぼって4年分の年金も初回で支給されました。

傷病名:統合失調症
認定結果:障害厚生年金3級級

【30代男性】

大学卒業後、会社を転々としながら生活をしていたところ、ある会社員期間中に仕事量の負荷や人間関係でストレスを感じ、幻聴や幻覚のような感覚が続くようになり、診察を受けました。

治療を続けていくも、統合失調症と診断され、復帰を目指すもすぐに退職せざるを得ない状況で、医師から仕事を止められているということで、障害厚生年金3級が認定されました。

傷病名:低酸素脳症
認定結果:障害厚生年金1級

【60代男性】

会社員期間から、心臓の調子が悪く、以後継続的に病院に通院されていました。ある日、突然の心臓発作により緊急搬送。一命は取りとめたものの、全身マヒによりベッド生活となってしまいました。

ご家族の方からの依頼により、事後重症による請求をしました。65歳間近ということもあり、期限に迫られながら無事に請求が完了し、障害厚生年金1級が認定されました。

傷病名:変形性股関節症
認定結果:障害厚生年金3級

【40代女性】

立ち仕事、歩き仕事が主な職場で、腰・股関節の痛みがひどく、診察をうけたところ、変形性股関節症と診断。しばらく治療を受けていましたが、人工股関節全置換術を施行されました。

人工関節置換をした時点で3級認定されますので、施術後の診断書による認定日請求で無事に障害厚生年金3級が認定されました。

傷病名:多発性神経炎
認定結果:障害厚生年金3級

【50代女性】

福祉施設で就労している時から両足のしびれを感じ、しびれ感がおさまることがなく、段々とひざ下くらいまで症状がではじめて診察を受けました。
原因が不明で、末梢神経症の疑い内服処方を続けるも、改善せず、徐々に歩行にも障害がでることになり、ご相談されました。

症状は1、2年程前から変わっておらず、認定日の時点と現在症状がほとんど同じでしたので、認定日請求が認められ、2年さかのぼっての障害厚生年 金3級が認定されました。