事務所通信

平成30年10月1日から、健康保険被扶養者の手続きが変更になります

社会保険・労働保険手続き

平成30年10月1日以降に日本年金機構で受け付ける「健康保険 被扶養者(異動)届」及び「船員保険 被扶養者(異動)届」について、添付書類の取扱いが変更になります。手続きの変更の概要については、「健康保険被扶養者認定事務の変更に伴うお願い」をご覧ください。

平成30年度 労働保険年度更新手続きについて

社会保険・労働保険手続き

労働保険年度更新の申告・納付期間は6月1日から7月10日までです。

5月末頃に各事業所宛に送付されます。

本年度は3年に1度の労災保険料率の改定時期ですので,確定保険料率と概算保険料率が相違する場合がございます。

労働保険年度更新の手続きについてご不明な点などございましたらご相談ください。

労働者派遣事業の 「許可申請」はお済みですか?

労務管理・給与計算

平成30年9月30日以降は、 「(旧)特定労働者派遣事業」は行えなくなります!

平成27年の労働者派遣法の改正により、平成27年9月30日から、労働者派遣事業は「許可制」へ一本化されています。
許可申請がお済みでない場合は、お早めにご相談下さい!

許可制への一本化に伴う経過措置として、平成30年9月29日までは、改正前から届出による「(旧)特定労働者派遣事業」を行っている場合は旧事業を継続できますが、その経過措置も間もなく終了します。

経過措置期間終了後も労働者派遣事業を行う場合は、平成30年9月29日までに許可の申請を行う必要が あります(※)。許可申請を行っていない場合は、お早めにご相談下さい!

(※)平成30年9月29日までに労働者派遣事業の許可の申請がなされた場合、平成30年9月30日以降も、その申請について許可又は不許可の処分がある日までの間は、引き続き「(旧)特定労働者派遣事業」を行うことができます。


(旧)特定労働者派遣事業」を行っている事業主の皆さまへ

日本年金機構の届出書等の様式変更について(平成30年3月から)

社会保険・労働保険手続き

平成30年3月5日から,日本年金機構への手続きで使用していただく様式が変更となります。

変更の内容は,マイナンバー欄の追加の他,様式のA4縦判化,複数の様式の統合(被扶養者(異動)届と国民年金第3号被保険者関係届など)などとなります。

平成30年3月5日からはこれまで基礎年金番号を記載していただいていた届書については、原則としてマイナンバーを記入いただくこととなります。


変更となる様式の種類や内容などについてはこちら(PDF 2,783KB)からご確認ください。

平成30年3月からの事務の変更にかかる概要についての資料はこちら(PDF 2,936KB)


当事務所の届出書作成システム(電子申請用)においても,3月5日以降,順次対応を予定しております。対応予定届出書は以下の通りです。

◯健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届/70歳以上被用者該当届(CSVファイル添付方式(平成30年3月以降手続き))/電子申請
◯健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届/70歳以上被用者不該当届(CSVファイル添付方式(平成30年3月以降手続き))/電子申請
◯健康保険被扶養者(異動)届/国民年金第3号被保険者関係届(CSVファイル添付方式(平成30年3月以降手続き))/電子申請
◯健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届/70歳以上被用者算定基礎届(CSVファイル添付方式(平成30年3月以降手続き))/電子申請
◯健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額変更届/70歳以上被用者月額変更届(CSVファイル添付方式(平成30年3月以降手続き))/電子申請
◯健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届/70歳以上被用者賞与支払届(CSVファイル添付方式(平成30年3月以降手続き))/電子申請

平成30年度協会けんぽ愛知支部保険料率の見通しについて

労務管理・給与計算

1月29日に開催された全国健康保険協会運営委員会において、
平成30年度の保険料率について下記の方針が示されました。
3月分保険料率(4月納付分)より(任意継続の方は4月納付分より)変更となります。

◆健康保険料率 愛知支部 9.90%(9.92%からの引き下げ。全国平均は10.00%を維持。)
◆介護保険料率 全国一律1.57%(1.65%から引き下げ)
今後、厚生労働大臣の認可を受けた後、正式に決定となります。